トップページ » 新着情報一覧 » 筑波大学生が、傷んだバラを摘んでいます。

筑波大学生が、傷んだバラを摘んでいます。

今年は長い期間バラを楽しんでいただくため、傷んだバラを集中的に摘み取りしてきました。

実は今年から筑波大学の大学生がバラ摘みの手伝いをしに来てくれています(^^♪

園芸スタッフと筑波大学生の協力、頑張りにより昨日までは比較的きれいな状態でバラを見ていただけました。

しかし昨日、激しい雷雨と雹にみまわれてバラが一気に傷んでしまいました。

6月16日16時30分ごろ

傷んだバラを回復すべく、今日も筑波大生と園芸スタッフ一丸となって、傷んだバラを摘んでいます。

筑波大学生はおそろいのエプロンをつけて作業しております。

園芸スタッフも頑張っております。

摘み終わった後は花数は少なくなりますが、きれいな花が残り、また楽しんでいただけます。

本日、傷んだ花を摘んだ後の写真です!

 

バラは、まだまだつぼみがたくさんありますので、筑波大生と園芸スタッフが懸命に管理したバラをぜひご覧ください。

 

ちなみに明日も午後から筑波大学生が作業する予定です!