トップページ > お役立ち情報 > ブーゲンビリア

お役立ち情報

ブーゲンビリア

真青な空の下、濃いピンクの花が枝づるいっぱいあふれんばかりに咲き乱れるブーゲンビリアの美しさは、南国の象徴ともいえる。きわだった色彩の花にみえる部分は、実はつぽみを包む葉の部分で苞といわれるもので、温室内では周年咲く。3枚の苞の中に小さなラッパ形の本物の花が咲く。
オシロイパナ科、つる性常緑樹

原産地フラジル

別名イカダカズラ、ココノエカズラ

ブーゲンビリア

置き場所

日光をたくさん好み、5月上旬~10月上旬まではベランダなどの戸外に置く。10月中旬~4月下旬の間は室内に入れ、できるだけ日光が差しこむ所に置く。

水やり

乾燥には強く、むしろ乾かし気味に管理をしたほうが、枝が徒長せず花芽が着きやすくなります。花が見えるまでは、毎回、新梢がしおれるくらいまで水を切らし、与えるとよいでしょう。

肥料

花が終わったら、グリーンマップなどを5~6号鉢で茶さじ2杯程度置き肥し、肥料不足の状態であれば化成肥料を茶さじ1杯施す。

植え替え

4月上旬が適期で根土を少しほぐしてから、ひと回り大きい鉢に植えこむ。

整枝

強い枝が伸びすぎたら、切りもどし全体を刈りこむと小枝がふえてこんもりとしてくる。時期は5月から9月の間なら、すぐに葉のつけ根から新芽が吹いてくる。

整枝

ふやし方

挿し木をすると簡単に発根する。新枝・2年枝を問わず小粒の赤玉土あるいは鹿沼土に4月中旬から8月上旬までの間に挿す。

楽しみ方

花は成熟した小枝の先端につくので、花の終わった枝や徒長気味の枝は切りつめるとそこから分枝して花がつきます。ただし、短日性の植物のため夏の間は花芽が出来にくくなります。仕立方には次のようなものがある。

楽しみ方